コマシャブログ
駒澤大学体育会自動車部の日々をお伝えします

新人戦の結果報告



大変長らくお待たせいたしました。 活動報告。今回は1年のマルボロこと柴崎が担当させていただきます。

まず、今大会を管理、運営を円滑に進めてくださった新OBの皆さま、
並びに今大会を強力にサポートしてくださいました関係者の皆さまに
この場をお借りして、厚く御礼申し上げます。

それでは報告に入らせていただきます。
去る2/23(火)におきまして、駒澤大学自動車部は

男子の部総合 2位(新3塚田EF8)、5位(瀧ヶ崎DC2)
男子新2年の部 4位(新2年柴崎EF8)
 
が入賞しました。これも先輩方の強力なサポートあってのものと存じます。


新人戦当日、今年の富士は若干ぐずついた天候で幕を開けました。路面はドライですが
路面温度は6℃ということで各陣営タイヤの熱管理対策に追われる難しいコンディションとなりました。

CIBM8513[1]


大会のコースレイアウトはおおよそこのような形となりました。
パイロン(以下Pと表記)3→4、1→6にかけてのセクションは下りながらの横Gがかかった状態でのブレーキング
が必要なため低い路面温度と相まって相当滑りやすい状況となりました。また後半セクションではタイトターン
の連続となり、全体的にドライバーの車に合わせたラインどり、ステアリングワークが要求されます。


駒澤大学は今回2車種がエントリーしました。
まずは駒澤大学の部車、今でも元気で矍鑠としております Honda CR-X (EF8)
ドライバーは新3年生3名 新2年生4名の計7名です

IMG_2869.jpg

そしてもう1台、プライベートカーで参戦の幸福のイエローDC2.
ドライバーは新3年の瀧ヶ崎選手

IMG_2878.jpg

午前の部がスタートしますと、各車冷えた路面の影響でしょうかスピンやミスコースが相次ぎました。
駒澤大学も例外ではなく、EF勢は進入のオーバーステアに悩まされPT,スピンと満足いくタイムを残せません。

そんな中、瀧ヶ崎選手駆るイエローのDC2は54秒13をマークし午前のタイムチャートトップに
躍り出ました。

IMG_2892[1]


若干のインターバルを挟みまして後半の部がスタートしますと、このころには天候も回復し、路面温度が
上昇しました。各車大幅なタイムアップが望めるコンディションとなりました。

IMG_2879[1]

まずは、EF勢の中では最も出走順の早かった田中選手(新3)が好タイムをマーク。その後も各大学自己ベストを
塗り替えていき、コンマ数秒を争う神経戦へと突入していきます。
そんな中、塚田選手(新3)が52秒42をマークし総合2位へと浮上ます。
更に瀧ヶ崎選手も午前中のタイムをコンマ5秒削り自己ベストを更新。総合5位につけました。
結果的に駒澤大学はトップ10に3選手が入る活躍を見せました。

IMG_2893[1]

IMG_2895[1]

IMG_2896[1]

新2年の部では4名中3名が無免許という厳しい状況のもと新人戦をむかえました。

そんな状況において皆ステディに走ることを優先し、無事に記録を残すことができました。
僭越ながら、わたくし柴崎もEFで新人戦に出場し皆さまのご指導のおかげさまで新人の部4位に入賞することができました。
この場を借りて感謝御礼申し上げます。

IMG_2898[1]


IMG_2899[1]

以上新人戦ダイジェスト報告でした。
なお、景品のチーズは味が濃いそうですので何某かの料理の隠し味に使う等がよろしいようです。
断じて石鹸ではありませんのでご注意を。







スポンサーサイト

Category : 活動報告
Posted by 駒澤大学体育会自動車部 on  | 0 comments  0 trackback






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://komotoring.blog.fc2.com/tb.php/397-7e091be8
該当の記事は見つかりませんでした。